失敗しないためには

実際にパーティーに参加しても、失敗が続いたという話を聞くことがあります。人によって失敗談も様々ですが、「満足に話すことができなかった」「話をしたが選んでもらえなかった」という失敗がそのほとんどです。この二つは実はお見合いパーティーにおける両極の二つにあたり、針を極端に振らずにいたら成功するといってもよいのです。

前者は積極性が足りません。お見合いパーティーは異性も多いのですが、当然同性も多いのが特徴です。相手に話をしなかったら選んでもらえるはずもありません。気になるかたを見つけたら、自ら話しかけるのは当然だといえます。後者の中で多いパターンとしては、積極的過ぎて多人数と話しすぎるケースです。あまりに大勢の人に話しかけると、自分には興味がなかったのだとみなされます。好みの人を探すのは良いのですが、あまりに気が多いと敬遠されるのはパーティー以外にも共通しますので気をつけましょう。

また相手の気を引くために、着飾り過ぎるのはよくありません。合コンではなく婚活ですので、最終目的は結婚相手なのです。歳相応の服装や振る舞いでないと、結婚相手とみなされません。いつも通りで自分らしくいることが大切だといえます。積極性を出すために、多少無理をする必要があるかもしれませんが、それ以外は普段着の自分をアピールしたほうが結婚に近づけるはずです。